SLIMが復活。電力回復して地球に画像送信

小型月着陸実証機SLIM (Smart Lander for Investigating Moon)との通信が復活して撮影を実施したとのことです。西から太陽が照射して発電を開始したようです。以下がXの小型月着陸実証機SLIM投稿された内容です。

バッテリーを回路から遮断していましたが発電再開に伴い活動を開始しました。2月1日の日没までわずかの期間ですが月面の岩石の分析ができそうです。

小型月着陸実証機SLIM
@SLIM_JAXA
昨晩SLIMとの通信を確立することに成功し、運用を再開しました! 早速MBCの科学観測を開始し、無事、10バンド観測のファーストライトまで取得しております。 下の図はマルチバンド観測のファーストライトにてトイプードルを観測したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です